修理をあきらめる前にメールください

スズキ軽四ブログ

他社の製品やサービスを下げて言って、自社に利益を上げようとするのはとても嫌悪感を覚える売り方なので、そういう発信は当然しないようにしているのですが、地域の業種全体にダメージ有る恐れが有るとなると、さすがに、、、
メールでご依頼のあったスズキのワンボックスカーのドアのデント
プレスラインに掛かっているけど、深くはなく、10分~15分位で治るいわゆるごく簡単な普通のエクボなのですが
お客様が言うには「他店で一度直してもらったが、明らかにまだへこんでいる。デントリペアではこんなエクボ修理も無理なのでしょうか?」と
プロ同士がみて「ちょっとわかるなぁ」程度ならこのような事は書かないのですが、ごく普通のえくぼ修理で、一般の人が見て全然治ってない(作業前と全く変わっていない)レベルだと話は別というか、、、
作業した人は「これでデントリペア完了しました、見てください」とおっしゃったようですが、、、
これで「デントリペアで修理しました」となっているとすれば
一般ユーザーさん達に「デントリペアはこんなエクボも直せない技術」と受け取られ続け、引退間際の自分などは良いのですが、これからこの技術で食べていこうとしている技術者さんたちの営業の悪影響になりかねないと心配です
(最近、石川県でも、数百万かけて遠方のデントスクールに講習を受けに行ってまで習得しようとしている若い人が多数いると聞いています、そんな真剣な人たちの邪魔にはなりたくないですよね)
他人の営業方針を変えるわけにはいかないのはじゅうじゅう承知なので、ただ一つだけお願い出来たらと思うのは
もしご自身に出来ないレベルのえくぼ修理であれば、
決して「デントリペアでは直せません」とは言わずに、「自分の技術ではここまでです」と言っていただけないかなぁとだけ思っています
自分にも修理できない場合が多々有るので、そんな時は自分もそうしています。
そして、できないレベルを克服するためいつも練習や研究をしています

それと、お客様にはお願いが一つ、もともと大きなへこみ等ではなく「エクボ」の修理で「ピラーや端」ではない場合で「この場所は直せません」とか「補強が有って工具が入らずデントリペアでは直せません」と言われたとしても、一度自分にメールで問い合わせてみてくださいね、作業できる場合もありますので。(超多忙で、電話では対応できない時が多々ありますがメールなら残るので)
「どうしても塗装したくない」その気持ちよくわかりますから













コメント

非公開コメント

トラックバック