FC2ブログ
プロフィール

テツロー

Author:テツロー
石川県白山市のデントリペアと車の修理屋
プロテック ニシ
のブログにようこそ

石川県白山市宮保町1138-1

お問い合わせは
電話
090-7080-2977
メール
stage2424@gmail.com
まで

最新トラックバック
訪問者

バモスターボ加速時息つき2

携帯画像 1903
タービンの軸のガタがありタービン交換
O2センサ交換
イグニッションコイル、プラグも新品
燃圧も異常なし
だけど、4000回転前後で燃料カットされたように回転の落ち込みがあるE07Zターボエンジン。
修理しているのは12月の30日だから、部品商も聞くにしてもディーラーさんも他の修理屋さんもやっていない。
 
エンジンの状態を見るためDS708のデータストリーム、グラフ機能を使う。
十数個ある項目から選んでグラフに表示、記録できるので、エンジン回転、スロットル開度、水温、インジェクタ噴射時間
O2センサ電圧、ノックセンサ、MAPセンサ(インマニ圧力)を選んでグラフで記録。
2つのグラフを比較できるので、まずスロットル開度が一定または増えている(加速中)なのにエンジン回転が落ち込んでいるポイントを探し、その点でセンサの値が異常と思われるものを探す。
 燃料カットしているならインジェクターは噴射時間ゼロのところがあるはずだけどそれはなし。
 ノックセンサは確かに反応しているが回転が落ちた後の反応のようだし、ノッキングの反応なら点火タイミングが下がるはずだけどそれもなし。
 水温センサにも値が急激に変化する部分はなかった。
 インマニ圧力は確かに加給時なので高いけど、エンジンの制御に関係があるような変化はしていないし。
 ただ、回転が落ちたときO2センサの電圧が、限りなく0ボルトに近く急激に変化しているようだ。

 O2センサがゼロボルトになるのは、アクセルオフのときのような燃料が噴射されていない瞬間のときだと思うのだが
 スロットル開度が開いているときに0ボルトになるときがあり、そのときに回転が一瞬落ちているようだ。
 
 アクセルも開けているのに、燃料カットしていないのに、酸素濃度が急に上がるのはどんな時か?
 ミスファイヤで燃料に点火せず、酸素が使われないまま排気されたか、燃料カットされていないのにインジェクタから燃料が噴射されなかったかどちらかだと思うけど?

 ここでついに時間切れ。
 納車の約束の時間も迫り、残り時間でできることすべての処置をしてみることにした。
 デリバリパイプを外してインジェクターの頭を点検、異常なさそうだったがスプレーで清掃。
 もう一度プラグを点検。交換してあった社外品のイグニッションコイルを元の純正に戻す。
 ds708はこのエンジンのエンジン初期値に学習をリセットできるので、リセット。
 すべてのエンジン制御の元、クランクセンサーを中古車についていたものと交換。

 この作業を終わって、「だめだろうなー」と半ばあきらめかけて試乗してみると、なんと息つきが起きない・・・?
 エンジンを冷やしてからもう一度走ってみたが異常なし。
 必ず起きていたはずの現象が起きない。

 次の日、朝から走ってみたが、タービンが新品なのもあり恐ろしく調子がよかった。
 年内ぎりぎりに修理が間に合ってよかったのはよかったんだが、タービン、O2センサと最後の原因はなんだったのか?
 クランクセンサはさび付いていたのを壊して外したので調べようもないし、、、

 直ったのはよかったが、もうひとつの原因が確定できなかった中途半端な年の暮れだった。

 
 

  

バモスターボ加速時エンジン息つき1

バモスターボ
確かに治っているが、後味の悪い修理ってある。
原因が確定せずに直ってしまった場合がそう。
確かに治ってはいるのだけど、原因がどれだったか確定できない。
今回の修理がそれだった。

最初の入庫は車検の時。
朝、エンジンが温まり始めると、息つきを起こすので、ついでに見てほしいというもの。
点火系の点検から入り、プラグを見ると、減っているのと、タペットパッキンからのオイル漏れでプラグホールの中にエンジンオイルが溜まっていたので、パッキンとプラグを交換。
 車検を通したあと、預かることにして走ってみると、きつめの上り坂4000回転ぐらいで、ミスファイヤを起こしているように回転が一瞬だけ下がるときがあることがわかった。
 イグニッッションコイルの不調とまったく同じ症状だったので、イグニッションコイルを全部交換(社外品)し様子を見てもらうことにした。

 しばらくして「同じ症状が頻繁に発生するようになった」との事で再入庫。
 明らかに点火系の症状だと感じたが、点火系ではなかったようだ。
 しかも徐々に悪化しているみたい。
 
 日数をもらい、徹底的に調べることにした。
 燃圧計と負圧計を繋ぎ、走行テスト。
 症状が起きたときの燃圧を見ると、高負荷時だからか4キロ近くあり、燃料ポンプの故障とは思えなかった。
 負圧計を見るとターボがかかったときの加給圧が0.3キロほどしかないようなのと、症状が起きるのが、いつも3500から4000回転付近の高負荷時、最大加給圧になるころなので、タービンを調べることにした。

 tabo.jpg
吸気側のパイプを外し、タービンの軸を触ってみると、大きなガタがあった。
 リリーフバルブも点検したが、リリーフバルブの作動は正常だった。
 白煙を吹いていないのが不思議なぐらいのガタだったので、今回の原因かどうかにかかわらずタービンを交換することになった。

 タービンが届き、遮熱版やタービンの取り付けボルトがすべてぼろぼろだったのと、ラジエーターのエア抜きが大変なのとで、でえらい時間がかかったが、タービンを交換終了。
 これで治っていると確信していたので、自信を持って試乗に出かけると、今度はまともに走ろうとしない。
 低回転から、まるで燃料カットされているように吹け上がらない。
 
 タービンを交換前にはここまで症状はひどくなかったのに、今はまともに走れなくなっている。
 タービンを交換したときの何かが原因なのははっきりしているが、何だろう?
 
 落ち着いて考えてみると、タービンの遮熱版を外すとき、O2センサーを外した事に思い当たる。
 もともと壊れかけていたO2センサーが取り外した時のショックで完全にこわれたのだろうか?
 ds708のデーター表示では変な電圧にはなってなかったが、僅かな特性のずれでもあったのだろうか?
 タービンの交換前後でエンジンの不調が悪化したとすれば作業中にで外したO2センサしかないので、試しにセンサーのコネクターを外して走ってみると、エンジンンチェックランプは当然点灯するが、問題なく走行できる。
フュエルセーフを働かせるとちゃんと吹け上がるようだ。この事によりO2センサー不良と断定できるのでセンサーも交換
o2.jpg
センサー交換後は当然何事もなかったようにきれいに吹き上がるようになった。
 センサーの電圧異常ぐらいであんなに不調になるとは、すごいシビアに設計されたエンジンらしい。
 
「今回の不調の原因は、タービンのガタとO2センサーの特性ずれだったんだな」と確信し、最後の試乗に出かけてみる。
 加給圧も0.5キロまで上がるようになり、交換前よりきれいに吹け上がるようになった。
 絶対再発しないだろうと思いながら走っていると、5分ほど走ったときに、3500回転から4000回転の所で僅かな失速が起きることに気づいた。
 残念、まだ完全には治ってないようだ。
 あまかったな。

 いったいどれだけこわれてるんだ?

 続く。
 
 
 
 

 

 

デントリペア 金沢まで出張修理2

携帯画像 1789
これも、難しかったデントの一つ。
なんのへんてつもないえくぼに見えるけど、これが最強に硬かった。
しかもベンツのトランクは3重構造。
アクセスできるツールは薄いものだけで、力が掛けきれない。

明るいシルバーも、塗装が割れやすいので、無理に力を入れるのは厳禁。
かといってこの硬い部分は、弱く押していては治らない。
相反する二つの条件をクリアしながら修理を続行。

携帯画像 1790
なんとか治せました。

デントリペア 金沢まで出張修理

携帯画像 1680

小さくても難易度の高いデントがある。
これもそのひとつ。
 ベンツのRV車の角度のきついプレスラインにできたえくぼ。
普通なら、即お断りするパターンだけど、「これより少しでもよくなれば」とのことで、作業開始。
 
 内張りは、しゃれにならないほど高級なので、メカニックの方に外していただく事にしました。

 通常なら、10分で終わる大きさのデントに、1時間近くかけて、納得いくレベルに完成。
携帯画像 1684

 こうゆうへこみ方の場合、押し出す事も大切だけど、応力が集中している部分をいかに正確に落としていくかが大切。
 また、ホワイトパールは塗装膜の構造上どうしても力に対して弱くすぐ割れるので、あせって押すと取り返しがつかなくなる。
 しびれる作業でしたが、何とか治りました。
 


 

ドライブレコーダーに助けられた

高橋さんハイゼット
12月の24日の1時ごろお客様のお車を車検場に持ち込みに行く途中、左の車線を走っていると、右車線を走っていた車がウインカーも出さずにいきなりこっちに車線変更してきた。
「よけきれたか?」と思ったが残念!お客様の車の右リヤフェンダーに相手の車の左フロントフェンダーがヒット。

たまたま近所に派出所があったので、2台で行って事故の報告に行った。

そこで、謝罪してもらえるもんだと思っていたら、なんとその相手が「ウインカーを出していた、後ろからぶつけられた」
「事故はお互いだから、あやまる必要はない」と言い出した。
 
 「なんだこの人?」と思って聞いていると、おまわりさんに自分の言いたいこと言ってさっさと逃げるように派出所から去っていく。たぶん、謝ると過失割合が不利になるとでも思ってんだろうね。
 でも、ウインカー出さずに交差点の直前で無理やり車線変更して人の車にぶつけたら、普通「ごめんなさい」でしょう?

 とにかく、事故報告も済み、派出所をでて、陸運近くの整備のために借りている工場でヘッドライトテスターでライトの調整をしていると、フロントウインドウの奥に何かレンズみたいのが見える。
 「もしかしたら」と思いよくみるとなんとぶつけられたこの車、ドライブレコーダーが着いている。

 ユーザーさんにお願いして、ドライブレコーダーの画像をDVDに焼いてもらい、次の日見てみると、事故の状況がばっちり相手のナンバーまでしっかり記録されてました。自分の記憶通り加害車両はウインカーは出しておらず、交差点の手前の車線変更禁止の範囲内でした。

 これで、相手は嘘をついていたことの証明になり、相手側保険会社との過失割合の交渉は非常に有利とゆうか、過失ゼロを主張できるでしょう。自分は、お客様の保険を汚したくないので、自分個人で事故の交渉をするので、これほど頼もしい証拠はありません。レコーダーを装備してあったお客様に感謝。

 このように、無謀な運転が原因の事故での泣き寝入りを防止するためには、ドライブレコーダーはこれから必須になりそうです。



 

AUTEL DS708

今日は2015年の1月1日
あけましておめでとうございます。

ふつうなら、テレビ見ながらお家でおせちで一杯なんだけど、
これから、コンビニで動かなくなってしまった軽四、出張修理にいかないと。
今年もこの調子で目一杯仕事忙しいんだろうなー。

携帯画像 1902


 去年の11月についに購入した、診断機AUTELのマキシダスDS708
今までは、並行で買ったEU702ってゆうちっちゃなテスターを使っていた。
それはそれで、割と便利だったけど、入庫してくる車種にさすがに対応しきれなくなって、ついにそれの親玉みたいなテスター買いました。
奮発して、正規品買っときました、並行と何が違うんだろう?まあいいや。

 この診断機で便利だと思ったのが、データー表示のグラフ機能。
携帯画像 1903
例えば、暮れに入庫したホンダバモスターボの「冷間時から完全に暖気するまでの間、5分間ぐらいの間だけ加速時に息つきする」といった、現象を逃したくない場合の各センサーの値を4つ同時に表示できて、しかもそれを記録できる事。

 回転数が落ちた瞬間にどのセンサーが異常なのか又は正常なのかを記録できるのは、今までちっちゃな、この機能のないテスターだけで修理してきた自分にとって、もんのすごい便利な機能なのです。


 


 
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR