FC2ブログ
プロフィール

テツロー

Author:テツロー
石川県白山市のデントリペアと車の修理屋
プロテック ニシ
のブログにようこそ

石川県白山市宮保町1138-1

お問い合わせは
電話
090-7080-2977
メール
stage2424@gmail.com
まで

最新トラックバック
訪問者

ステージアオートマ修理状況

ステージア修理進行状況と記録です。
ステージア1
 ATオイルの状態

細かい金属粉が入っていますが、金属片はなし。
金属部分には致命的な破損はないようですが、かなりよごれて変色しています。
感覚的なものですが粘度が少し高いオイルのような気がします。

ステージア2
ATフィルター
かなり汚れていて、タール状の繊維質のようなものが硬化してしまって詰まっています。

ライン圧の低下を起こして、滑りを発生させます。
新品に交換します。

ステージア6
取り外した、バルブボディAssyと新品の4連ソレノイド

ステージア5

 バルブボディのオイル通路に入っている、金属粉とオイルが混じってタール状のゴミ。
 かなり詰まり気味のようです。
 
 バルブボディの清掃はかなり手ごわいものになりそうです。
 1日目の作業はここまでになりました。
 


  

デントリペア 工具

NCM_1671.jpg
 細長ーいプッシュツール。
 自分がデントジャパンさんで工具をそろえた頃はセットに3種類位はいってた。今もあるのかな?
NCM_1666.jpg
 こんな場所のへこみで、裏側に穴をあけたくない時に使います。

この長いの扱うのは難しいです。

HIDフォグランプ 不灯

  NCM_1607.jpg
 HID化したフォグランプが、チカチカしてそのうち点灯しなくなったとの事で入庫した軽四

 ロービームはもともと純正HIDだが、光度のさらに高い社外製バルブに交換。
 フォグランプはハロゲンから某国製のHIDに他社にて改造してあった。

 最初、配線を見ると、コネクターにはだかの端子を差し込んでセロテープでぐるぐる巻いただけで、軽く引っ張ると抜けるような状態だった。
 「接触不良のコネクターが振動し、火花が飛んだ時にヒューズが飛んだ」と判断しコネクターをしっかり作り直して、切れていたフォグランプのヒューズを交換して出庫。

 1週間ほどでまた点灯しなくなり再修理に。 
 フォグのヒューズを見ると、また切れていた。

 フューズにどれだけの電流が流れるか確かめることにして切れたフューズを利用してこのようなツールを作って電流を測ってみた。

NCM_1608.jpg

 結果なんとフォグランプ点灯直後10Aフューズの所に25アンペアもの電流が流れることが判明した。
  25アンペアてゆう電流はとてつもなく大きい電流だと思うが
 このHIDはバラストの作動にそれだけの電力が必要なことがわかる。

 この状態では、当然フューズが飛ぶので、フォグランプへの電圧をスイッチに作動するリレーを左右のバラストに2系統にわけて、配線を作りなをして対応することにした。

 NCM_1610.jpg

 部品商さんからちょうどよいリレーキット(ベローフ?ベルオフ?)が入手できたので、流用して取り付け。
NCM_1612.jpg
これで、フューズにかかる電圧は2アンペアに抑える事ができた。

 10アンペア上限のフォグランプの回路に一時的でも25アンペアの電流が流れれば当然フューズが飛ぶかそうでなければ、フォグスイッチや純正のフォグリレーの接点を焼いてしまう事は間違いないし、へたをすれば、配線焼ける事になるのでは?
 フォグのHID化はそのへんに気を使って付けないといけないですね?

 それにしても、HIDのバラストってそんなに電力必要なのか?
 確かに純正フォグの回路には2アンペアしか流れないが、後付けの回路には2系統に分けても点灯時片側12.5アン ペア流れることになるけど?
 もしかして某国製のこのバラストの故障?
 
 後つけリレーの線はさすがにしっかり作られていて、リレー取り付け後はHIDフォグは何事もなかったように安定して点灯するようになっていたので、ひとまず納車。

  その後、2週間ほど何事もなかったが、再発し今度は、カーナビまで動かない時があるようになったとの電話があった。

 某国製のこのHIDのせいなのか、ダイナモやバッテリが弱いのか、自分の配線ミスなのか 
 次回入庫で、是非原因つきとめたいところ。
 
 とにかく、このユーザーには原因確定までフォグランプを点灯させない事をお願いして、休み明けに入庫してくることを待ちます。メーカー品の配線で2系統に分けたからって、もし部品内部のショートじゃ防げないもんね。

 ところで、車のバッテリーと充電系にかなりの負担かけてまでHIDってホントにフォグランプにまで必要?
 HIDのバルブは発熱しないイメージあるけどけっこうプラスチック部品平気で溶かして、下手すると発火させちゃうぐらい発熱するらしいし。改造して取り付けるのリスク大きすぎないかな。

 ちょっと扱うのが怖いタイプの部類に入るので、フォグHID化作業はしばらくメニューに含めない事にしました。自分の工場では、この手のトラブル修理だけにしよう。うん。

 

 
 
 
 

 
 


 
 

続きを読む

デントリペア板金塗装 石川県 

NCM_1634.jpg
 最近は塗装屋さんとコラボでこういう仕事が増えています。
 まずは、えくぼ部分をデント。
 NCM_1635.jpg

 デントリペアできない損傷は板金塗装(ちゃんと当て板使って板金しますよ。板金パテは少ないほうがいいですから)
 NCM_1636.jpg
バンパーの傷を修理、塗装

 こうして、えくぼ~へこみ~塗装まで、おまかせいただけます。
協力してくれる塗装職人さんができて初めて出来たことです。
 
 中古車の商品化に結構、ぴったりな流れでしょ。

 いずれは、すべての修理がワンストップでできる総合工場。
 もう10年で出来るかな?

 

 
 

デントリペア石川県 ピラー

年末は倒れるんじゃないかぐらいの忙しさも終わって、正月休みにはいる。

久々に更新することができました。

デントリペアと板金は毎日の通常の仕事なのであまり記事にしませんが、本来の仕事なのでたまに書いておかないと、廃業したかとおもわれるので。

 porodent2.jpg
 ワーゲンのピラーに出来たへこみ。

 「ピラーなので出来ません」と言っていては、いまどき商売になりませんので、引き受けることに。
 ピラー部分、特に輸入車のCピラーはたいがい3重構造になっているのでまともに工具がはいりません。

 こういう場合は、工具を自作か加工して作業をします。
NCM_1566.jpg
 今回は既成の工具を曲げることで作業できました。
 
 最近、樹脂を溶かしてひっつけて引っ張るタイプのツールが出ているみたいで、これがきれいに直す事ができるツールなら本来ピラーとかはそういうの使って直せばいいんだろうけど?
 折れ目の入ったのとか深いデントは引っ張りきれないような気がするけどどうなんだろう?
 今度、輸入して使ってみよう。

 porodent.jpg
今回は、ピラーをきれいに直す事ができました。

 板金屋さんがデントリペアを宣伝してみたり、磨き屋さんがデントツールを売り始めてみたり、こんな田舎にもいろんなうわさが伝わってきました。デントリペアが普通に修理業に溶け込み始めたってことでしょうか?
 一時的な流行でないことを願っていますし、選ばれる基準も多様化してくるような気もします。

 プロテックが最終的に選ばれるように、デントリペアを地味にやり続けたいと思います。

 本年もよろしくお願いいたします。

 

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR