FC2ブログ
プロフィール

テツロー

Author:テツロー
石川県白山市のデントリペアと車の修理屋
プロテック ニシ
のブログにようこそ

石川県白山市宮保町1138-1

お問い合わせは
電話
090-7080-2977
メール
stage2424@gmail.com
まで

最新トラックバック
訪問者

ワーゲンゴルフ5オートマ故障

NCM_0922.jpg
 前回バルブボディーの分解清掃をして納車したゴルフ5の6速オートマが、まだ減速時にショックがあるらしいので、根本的に修理するためそろえた、部品とツール。
 とにかく、探しに探してやっと見つけました。
 早速再入庫のおしらせをしたのですが、入庫してくる様子がない。
 体感できるショックがあれば、すぐ再修理に入ってもよさそうだが?
 ソレノイドバルブの作動不良が、全交換の新油の効果で今頃になって改善されたか?

 治っていればそれに越したことはないので、このパーツは次の修理に取っておくことに。
この部品と工具のセットがあれば、バルブボディーを交換しなくても変速不良が修理可能になるはずなので、持っていると非常に心強い。
 「分解清掃で治らなかったらどうしよう」とか心配する必要がないですから。

 

ワーゲンV5 エンジン不調

水漏れの治ったワーゲンのV5エンジン。
修理のご用命にはないが、5気筒のうち1本失火しているような感じがする。

 ダイレクトイグニッションではないので、とりあえずプラグとコードのチェックをしようと思い、コードを外しにかかると、4番(になるのかな?)のコードがコイルの差し込みとともにポロリと外れた。
NCM_0873.jpg
 コイルの樹脂が劣化して目に見えない亀裂ができてそこからリークしていたようだ。
 コイルの値段を調べると、何と6万円近くもするそうで、ユーザー自体はそのままでよいとの事。
 確かに4発でも走行はできるには出来るのでそれでよいのか?徐々に調子が悪くなっているので、あまり気にならないらしい。
 とにかく、折れた端子をペーパーで磨き、板金用の超強力な接着剤で固定したら、多少調子も良くなったので仕方なく納車。
 中古もあまり出回ってなく、新品はこの値段だと、結構困っている人も多そうな故障でした。
 コイルに入るコネクタの配線は6本、どれか1本がIGのプラスで5本がそれぞれコンピューターを通してアースに流れているのであれば、それを利用してなんとか出来そうな気もするけど、今回は依頼もなくECUを壊す結果になると大変なのでこれにて手を引くことにしました。                                    
 

ワーゲンv5エンジン 水漏れ

NCM_0848.jpg
ワーゲンボーラのV5エンジン
ラジエーター冷却水が減っていくとの事で入庫。
試乗してみると、ご用命にはないが、明らかにエンジンが不調になっているのが感じられる。
 試乗から帰って、エンジンルームを下から覗いてみると、サーモハウジングのあたりからポタポタと水漏れしている。
 大体の位置が解ったところで、サーモハウジングを外しにかかるが、簡単には外せそうにない。サーモスタット交換の時は皆どうしているんでしょう?
 仕方ないので、フロントバンパーからコアサポートまで一気に外しにかかる。板金していると、こうゆう作業に慣れてくるので意外と楽です。
NCM_0871.jpg
 
 サーモスタットハウジング、ハウジングからウオーターポンプまでのパイプとも、劣化してもろくなり交換が必要だった。

NCM_0870.jpg

NCM_0872.jpg
 パイプとハウジング、ついでにサーモも新品に交換し、水漏れは修理完了。

 エンジン不調がきになるので、見てみることに。         続く 
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR